見かけは小さな鍵盤楽器、中身は立派な管楽器それが鍵盤ハーモニカです!

鍵盤ハーモニカは小学生の教育楽器として普及しましたが、今では、プロ奏者がコンサートやライブで演奏する楽器、 ピアノ教室でのアンサンブル楽器として注目されています。
管楽器の奏法と鍵盤テクニックを融合させることにより、 曲イメージに合う音色・繊細で多彩な表現が可能な楽器です。
幅広いジャンルの曲を、楽しく自由に演奏することができます。

さあ、練習を始めましょう!

鍵盤ハーモニカ教室は、90分のグループレッスンです。
入門~初級クラス、中級~上級クラスに分かれてレベルに応じたレッスンを展開しています。
ご希望により、個人レッスンも可能です。
鍵盤ハーモニカのステキな奏法を身に付けて、自由なソロ演奏・鍵盤ハーモニカアンサンブル・他楽器とのアンサンブルを楽しみましょう。

ハーモニカ レッスン
ハーモニカ レッスン
ハーモニカ

レッスン内容

  1. 演奏スタイルと姿勢
  2. 曲のイメージを感じて、楽器に息を吹き込む練習
  3. 口を楽にして、タンギング練習
  4. 手首を楽にして、指の練習
  5. 曲を理解する
  6. 演奏

テキスト

  1. 講師の編曲によるテキスト
  2. 出版楽譜

楽器

  1. いろいろな鍵盤ハーモニカ
  2. レッスンで使う鍵盤ハーモニカ
  3. 楽器のメンテナンス

レッスン内容

1.演奏スタイルと姿勢

鍵盤ハーモニカの演奏スタイルは様々です。

A.イスに座って、机に楽器を置いて演奏
B.イスに座って、楽器を手に持って演奏
C.立って、楽器を手に持って演奏
D.立って、楽器をストラップにつけて演奏

いずれの場合も、まずは背筋をまっすぐ伸ばし、足に重心をかけて肩の力を抜き、腕と手首を楽にします。
演奏中は、フレーズにより重心を移動させます。レッスンでは、BかCかDで演奏します。


2.曲のイメージを感じて、楽器に息を吹き込む練習

●入門~初級
鍵盤ハーモニカは、初めての方でも息を吹き込むとすぐに音を出すことができます。
レッスンでは、その音を音楽にするために、曲のイメージを感じて息を吹き込む練習をします。
優しく弱く美しく吹くのか(p,mp)、元気に強く楽しく吹くのか(mf,f)、色々な吹き込み方があります。
イメージを持って息を吹き込み、イメージをどんどん膨らませて息の量を変化させると、音が次第に音楽へと変わっていきます。
まずは、静かな優しいイメージを持って、腹式呼吸(腹筋を使う呼吸法)にて弱い音のロングトーンを練習します。
やがて、クレッシェンド(だんだん強く)デクレッシェンド(だんだん弱く)も、イメージを持って美しく出来るようになります。

●中級~上級
イメージを繊細に表現するための、繊細な息の使い方(ブレスコントロール)を練習します。
曲全体やフレーズ全体でのクレッシェンド・デクレッシェンド、1音の中でのクレッシェンド・デクレッシェンド、アクセントなどを練習します。
鍵盤ハーモニカは息で1音1音に変化をつけることが出来ます。
いかに、メロディーを美しく歌うかが重要です。


3.口を楽にして、タンギング練習

●入門~初級
曲の持つイメージに合わせて、口の形と2種類のタンギングを練習します。
・ 元気に強く奏でる時の、ハッキリしたタンギング
カタカナ発音で表すと「ト」や「トゥ」です。
・ 優しく弱く奏でる時の、柔らかいタンギング
カタカナ発音で表すと「ロ」や「ル」です。
まずは、この2種類が使えるようになり、その後、使えるタンギングの種類が増えて行きます。

●中級~上級
繊細な表現のために、口の形と様々なタンギングを組み合わせます。
カタカナ発音で表すと。入門~初級の「ト」トゥ」「ロ」「ル」に加えて、「コ」「ク」「ド」「ドゥ」「ヨ」「ユ」などを、それぞれ曲の中で練習します。
部分全体、1フレーズ、1音1音に、口の形とタンギングを微妙に組み合わせて変化をつけて行きます。
ブレスコントロールとタンギングは、鍵盤ハーモニカの重要な奏法です。


4.手首を楽にして、指の練習

●入門~初級
鍵盤を持つ管楽器、鍵盤ハーモニカの鍵盤部分の練習です。息を入れて練習します。
最初は1~5指のポジションそのままで演奏できる曲を練習します。(ドレミファソの曲、ソラシドレの曲など)
それから次第に、指広げ、指くぐり、指越えを練習します。手の大きさや指の長さにより、同じ曲でも人により指使いが違う場合があります。
1曲1曲、講師と一緒に、自分に適した指使いを考えます。
鍵盤ハーモニカの鍵盤をピアノを弾く時のように打鍵すると、カタカタという打鍵音ばかり響いてしまいます。
レッスンでは、静かなタッチで打鍵と離鍵の速度やタイミングを練習します。
手首の位置や使い方、指のどの部分で打鍵するかという事も重要です。

●中級~上級
繊細な鍵盤テクニック(フィンガーコントロール)を練習します。
息を入れて練習します。
曲の持つイメージに合わせて、打鍵と離鍵の速度やタイミング(スラー・スタッカート・テヌートなど)、鍵盤の押さえ方の深さ(半押さえ、全押さえ)などを練習します。
部分全体、1フレーズ・1音を取り出して、それぞれ練習します。
メロディーを美しく歌うためのブレスコントロール・口の形・タンギングに、フィンガーコントロールを合わせることにより、繊細な表現となります。
また、鍵盤ハーモニカを肩から斜めがけにして行う両手奏は、左手の指使いがピアノと反対です。
最初は戸惑いますが、練習を進めるうちに慣れて来ます。
また、鍵盤ハーモニカは低音になるほど音が強く出るため、両手奏において右手と左手を同じように全押さえで打鍵すると、高音のメロディーが聴こえません。
左手は、基本的に半押さえで短く演奏するというコツを身につけます。
右手同様、左手のフィンガーコントロールも必要です。
両手奏では、両腕を楽にして演奏します。


5.曲を理解する

曲の演奏をする時には、イメージを持って練習することと同時に、曲の構成・音程・拍とリズム・調やコード・音楽用語を理解することが必要です。
入門~初級クラスでは、音楽の基礎を学びながら、曲の理解を深めて行きます。
中級~上級クラスでは、作曲や編曲の工夫としての基礎を学ぶ機会となります。
曲の理解により暗譜し易くなり、ステキな演奏へとつながります。


6.演奏

上記の1~6を合わせて表現されるものが演奏です。
曲のイメージを持って、理解して、様々なテクニック(ブレスコントロール・フィンガーコントロール・口の形・タンギング)を同時に駆使して、顔の表情や身体の動き(重心の移動)を入れて、演奏します。
ビブラートやピッチベンド、フラッター奏法、循環呼吸も練習して、より素晴らしい演奏を目指します。

ソロは、自分らしさを出して演奏します。
自分の内から溢れるものを、自分の息で、音色で、自由に表現することが出来ます。
自分で作って自分で演奏することも可能です。
イメージを自由に奏でる喜びは格別です。

アンサンブルは、それぞれが「歌うパート」や「支えるパート」の役割を果たし、協調性を持って仕上げて行きます。
グループレッスンならではのフレンドリーなアンサンブルで、共に演奏のクオリティーを高めて行きます。
仲間で音楽を作り上げる喜びもまた格別です。
教室の発表会、地域の文化祭、夏の合宿、その他いろいろな機会に演奏しましょう!

テキスト

1.講師の編曲によるテキスト

テキストとして、ジャズ・ポップス・クラシック・トラディッショナルetc.幅広いジャンルより選曲し、クラスのレベルに応じて講師(常田陽子)が編曲し、楽譜と練習用CD音源を作成します。
リクエスト曲の編曲も致します。


2.出版楽譜

また、ヤマハから出版されている松田昌氏の曲集「マサさんのこれぞ!鍵盤ハーモニカ」「マサさんの大好きな鍵盤ハーモニカ」を、レベルに応じてテキストとして使用します。
この2曲集には、講師(常田陽子)の編曲が1曲ずつ掲載されています。
テキスト楽譜は、①②両方とも、コンサート、ライブ、パーティーでのステキな演奏レパートリーとなります。

●講師のオススメ曲集
松田昌 著「マサさんのこれぞ!鍵盤ハーモニカ」CD付(ヤマハ)
松田昌 著「マサさんの大好きな鍵盤ハーモニカ」CD付(ヤマハ)

ハーモニカ 練習曲
ハーモニカ 練習曲

●講師のオススメ読本
松田昌 著「絶対!うまくなる 鍵盤ハーモニカ100のコツ」(ヤマハ)

ハーモニカ 練習曲

●講師のオススメCD
松田昌 ピアニキストMASA(ヤマハ)
松田昌 神様の住む島(MASAミュージックプラン)

ハーモニカ 練習曲
ハーモニカ 練習曲

楽器

1.いろいろな鍵盤ハーモニカ

鍵盤ハーモニカは、楽器メーカーにより商標名がちがいます。
ヤマハ(ピアニカ)、スズキ(メロディオン、ハモンド)、ゼンオン(ピアニー)、ホーナー(メロディカ)です。4社それぞれが、特徴のある鍵盤ハーモニカを作っています。

音域・・・ソプラノ・アルト・バス
鍵盤数・・・24鍵・32鍵・37鍵・44鍵
鍵盤の深さ・・・深いもの、浅いもの
音色・・・柔らかい音色のもの、硬い音色のもの、太い音色のもの その他、重さ・デザイン・メンテのしやすさなど、メーカーにより違います。


2.レッスンで使う鍵盤ハーモニカ

37鍵の鍵盤ハーモニカです。
もしも、既に鍵盤ハーモニカをお持ちでしたら、まずはそれをレッスンに持って来て下さい。
新規購入される場合は、楽器店の店頭かインターネットで購入することが出来ます。
ただし、メーカーにより特徴がかなり違いますので、必ず担当講師にご相談下さい。
上記の楽器メーカー以外の鍵盤ハーモニカが格安で販売されていますが、それはオススメできません。

講師自身は、レッスンやコンサートでのメイン楽器としてヤマハピアニカP37-Dを使っています。
ピアニカの中にスポンジを入れて音色をマイルドにして、ヤマハのジョイントとスズキのマウスピース(ホース)を合体させホースを好みの長さに切り、ストラップで斜めがけにして、楽器を自分用にカスタマイズしています。

ハーモニカ
ハーモニカ
ハーモニカ

鍵盤ハーモニカでどういう表現がしたいか、どういう楽器編成の中で吹くのか、音色の好み、メンテナンスに関することなどを考慮して、自分に合うものを選ぶことが大切です。


3.楽器のメンテナンス

吹いたあとは、楽器の中に水蒸気がたまっています。
逆さまにして水分を取り、ケースから出して置いておきます。
マウスピースは、洗って自然乾燥させます。
講師は、演奏指導と共に楽器調整を行います。
リードのピッチ調べ、調律(リードを削る)、リード交換など、良く調整された楽器は、演奏者の表現要求に応えてくれます。
教室にて年に1度、調整会を行います。
大切な楽器を常に良い状態に保って、気持ちよく演奏しましょう。
特に問題がなくても年に1度は必ず中を開けて点検・調整をします。
ただし、調整会までに1音だけピッチが狂ってしまった場合などは、レッスン後すぐに調整いたします。

目的に合わせたレッスンを受けることが出来ます。

5歳~小2年生頃までで、集中力が持続できないとご心配な方・・【30分月3回】
音楽高校・音楽大学への進学のためのレッスン・・【60分月4回】
中学受験・高校受験・大学受験生のレッスン・・【45分月2回、受験月のレッスンを前後に振替など】
アンサンブルレッスンにご興味のある方・・【45分~60分の個人レッスン+月1回のアンサンブルレッスンの提案】
大人一人で楽器演奏を楽しみたい方・・【45分月2回、忙しい方で中級以上の生徒様には90分月1回】

ご要望に合わせてコースを変更することが出来ますので、お気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください

レッスン中は、お電話に出られないことがあります。
大変恐縮ですが、その際はメールにて、お問い合わせをいただけますと幸いです。
2営業日以内に、担当者が責任を持ってご返信させていただきます。

メールでのお問い合わせについて

いただいたお問い合わせには、2営業日以内に担当者より、ご返信させていただきます。
ご返信がない場合は、メール設定による振り分けや、ご入力間違いの可能性がありますので、再度ご連絡ください。

必須お名前

必須お電話番号

必須メールアドレス

任意メッセージ内容